早期教育こそがこれからの時代に必要! その重要性と具体的な方法を探っていくサイト

>

早期教育が成功した事例や方法

学業における早期教育事例

早期教育としてよく言われるのが英語教育。
その成功例として、ある母親の例を挙げます。
彼女が幼少時から英語教育を子供に施すことを決めた最大の理由は「子供が素直であること」という点でした。
本当に小さい頃は、子供は親のいう事を素直に聴くため、学習を阻害する要素が少なく、英語アレルギーを未然に防いだのです。
そして英語教育を1歳頃から施すのですが、コツコツと少しずつ、時間にゆとりをもって、自分も楽しむように学んでいったそうです。
これは小学生になってから始めても、お互いに忙しくなって余裕も楽しさも無くなると考えてのことだそうです。
そして「この早期教育が上手くいかなくても仕方ない」と結果には無理に拘らず、長い目でしかし早めに英語教育をしたことが、結果的に、小学生時点でネイティブな英語力を身につけさせることに成功しました。
一緒に親も楽しんで、長い目で観られるか、それが本当に大事だということです。

スポーツにおける早期教育具体例

FCバルセロナというスペインのサッカーチームは、「カンテラ」という早期育成組織を持っています。
全国から集めた有力な子供たちに、サッカーの英才教育を施し、将来のバルセロナを引っ張っていく人材を輩出する事を目的としています。
2010ワールドカップでスペイン代表が優勝しましたが、この代表の主力選手が皆、バルセロナのカンテラ出身であることは、育成の成功例として注目されました。
もちろん、そもそもスカウトが有望株を選んでいるという前提はありますが、学校やカウンセラー、コーチ、栄養士にもプロを揃え、更には私立学校への学費まで負担して、彼らが心身ともに優れたサッカー選手となるように手助けしているのです。
雑草育ちを期待したり、大物選手を高額で移籍させたりするスタイルを採らず、地道に早期教育から成功を掴んだのが、FCバルセロナなのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る