早期教育こそがこれからの時代に必要! その重要性と具体的な方法を探っていくサイト

>

早期教育はどのような方法が良いのか

結果だけを早急に求めない

早期教育で一番大事なこと、それは結果「だけ」を「早急」に求めないということです。
早期教育の具体例としてはスポーツがありますが、プロとなったり、高い成績をおさめているような選手の親ほど、早期教育を実践している場合が多いですが、「結果」そのものには周囲が思う程こだわりを見せていません。
それは、結果を追い求めすぎることが、子供を必要以上に追い詰めてしまうということを分かっているからです。
また、どれだけ追及しても結果が出ない事だってあります。
そのような場合に結果だけを求めるような教育をしてしまうと、子供は歪んだ価値観を持ってしまい、早期教育どころか、人の道を外れてしまいかねません。
特に自分もプロスポーツ選手だった親などはそのことをよく理解しています。

親自身が焦ったり、負担に感じないように

もう少し具体的な話に移ります。
早期教育と言うと「習いごと」と考えるのは自然なことです。
ただ、幼少時から習いごとをさせるのに注意しなければいけないのは、それが親自身を苦しめたり、親自身が焦る原因となってしまわないようにするということです。
子供は敏感です。
自分の習い事で親が苛立ったり苦しんでいたりすると、子供は敏感に察知して、無理をしてしまったり、表面的には素直に従うも、実際はまったく身につけようとしない、といったような反応を見せるようになります。
それは子供なりの防衛反応であり、大人を心配している心の表れでもあります。
なので早期教育でスポーツ教室や塾に通わせる場合のポイントとしては「コストと内容のバランスを事前によく調べ、体験教室を有効活用」「無理に土日通いをしない」「通いやすい場所(ショッピングモール内の教室などおススメ)にする」などです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る