早期教育こそがこれからの時代に必要! その重要性と具体的な方法を探っていくサイト

>

早期教育の重要性とその手法を解説するサイト

「平凡」が図りづらい現代日本

バブルが弾けてから、もう30年経とうとしています。
それまで「平凡」と言えば、普通に就職して、結婚して子供を2人ほど作って、マイホームを建てて…というイメージがなされていましたが、現代の若者で、それが平凡だと言える人は多くなくなってきました。
経済格差の拡大、非正規雇用の増加、流動性の拡大、つまりは数十年安定した収入を期待することができない時代において、従来の「平凡」というイメージを共有することは非常に難しくなっており、また、インターネットの普及も手助けして、価値観の多様化が顕著となり、無理に人付き合いをすることを避ける傾向も強まっており、学歴や就職先だけで人を見るような時代でもありません。
こうした「平凡」の崩壊が、現代日本の現状です。

「一握り」ではなく「安定」の為でもある

そんな現代において「早期教育」が志向されているのは、平凡のイメージが崩壊している故に、未来への漠然とした不安が、存在し続けているからという事情があります。
ましてや親となると、子供を育てて、社会的に道を外れないようにしていかなければなりません。
そうなってくると「早いうちに子供の能力を開花させたい」あるいは「早いうちに子供にアドバンテージを(学力的にも運動面でも)与えたい」と考えるようになるのは、親としては自然な感情であるとも言えます。
早期教育が今でもとても需要があるのは、このような、未来への展望を描きにくい、現代社会の親ならではの事情が見え隠れしている訳ですね。
では、実際にどのような手法をとっていけばよいのか、それを次ページから見ていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る